面白いデータを探して

適当に書く。間違えていたら教えてください。

文系理系どう選ぶ?

学部生時代からアルバイトで塾講師をやってきました。今は大学院生になってそれなりに忙しい生活を送っているため、ときどき人員不足のときに声がかかって、時間があればアルバイトをするという感じです。
先日もそのような形でアルバイトに行った際に、高校2年生から文系・理系をどう選んだらよいかについて聞かれました。この問題は非常に難しい問題ですが、せっかく考える機会があったので思ったことを書いてみようと思います。あくまで1人の工学部の大学院生の考えなので、(読まれるかはわかりませんが、)参考程度にしてもらえればいいかなと思います。



まず、「就職がいい」からという理由だけで理系を志望するのはやめた方がいいように思います。
同じ大学の理系と文系の就職を比較した場合には、確かに理系のほうが多少良いという可能性はあります。しかし、理系を選択したことによって、文系の場合に入れたであろう大学よりもランクの下がる大学に入学することになった場合には、就職は文系を選択していた時のほうがよかったのではないかと思います。
また、多くの場合に「理系の就職」と考えられているような開発・研究職は少なくとも修士卒以上を対象にしている場合が多いです。つまり、理系の学生であっても学部卒の場合には対戦相手は文系の学部卒の学生ということになります。
さらに、就活の際に頑張っていたことという話題で、理系の場合には「研究」というのがよく上がりますが、多くの大学では研究を始めるのは学部4年生の4月であり、就活の時期にはまだ研究を頑張っていますというアピールは使えないということも頭に入れておくとよいかもしれません。

私が理系に向いていると思う人は「考えるのが好きで、いろいろなことに興味が持てる人」であると思います。
自分の身の回りで起こっている現象がなぜ起こるのか、それがほかのこととどのような関係を持っているのか、どんなことに利用出来るのか、そんなことを考えるのが好きな人は幸せな研究生活が遅れるのではないでしょうか。
もしくは、ここはもっとこうしたらよくなりそうなのにな、自分ならこう設計するのにな、こんなものがあったらうれしいだろうなというアイディアを考え、実際に作ってみたいという人も楽しめるのではないでしょうか。
また、世間で言われていることに対して天邪鬼な人も理系には向いているかもしれません。本当にそんなデータあるの?そのデータはどれだけ正確なの?数は足りてるの?そんな批判的精神は研究をしていく上で重要なものの一つであると思います。

理系として(というかそれなりの大学生として)必要な素養は、きちんと正しく本が読めることだと思います。
大学ではいろいろな知識を自分で本や文献から吸収しなければならない場合がたくさんあります。高校までのように、私たちが理解できるまでそれを教えてくれる人に出会える可能性はとても低いです。その時に必要最低限の文章を読む力がないと非常に困ることになります。文系も理系も関係なく、学校の教科書レベルの文章を読んで理解するということは最低限出来なければ、大学生としてやっていくことは難しいのではないかと考えられます。
また、受験勉強の段階ですら、本を読める人とそうでない人では勉強の効率が違ってきます。
アルバイトをしていて感じたことですが、数学や物理の成績が伸びない生徒ほど文章が読めません。そもそも問題文が何を意味しているか分からない。それがわかって問題を解いたとしても、今度は解答が何を意味しているか分からないのです。こういった生徒は一から十まで教わりながらでなければ自分で勉強することができないため、一人で教科書を読み、問題を解き、解答を理解していく子と比べて格段に吸収するスピードが違います。

いろいろ書いてきましたが、あくまで個人の考えです。批判的な精神を持ってこの文章を利用してほしいと思います。